犬のしつけ方法と、犬の飼い方や病気の情報など

ペット霊園とは

ペットも今では人間と同様に火葬をしますし、遺骨をペット霊園に預ける方も増えてきて居ます。
ペット霊園とは、亡くなったペットを見送り供養するための施設です。
最近のペットブームを反映して、日本全国に整備されています。
ペット霊園は、一般に次のようなサービスを行なっています。
火葬場を持っていて火葬する(合同葬・個別葬・立合葬等)。
合同葬では特に区別が無く合同で火葬するため、遺骨をより分ける事は出来ません。
ペット用の墓地も合同で供養される事になります。
個別葬はそれぞれ個別に火葬を行い、遺骨をもらうことも可能ですから、専用のペット墓地に埋葬する事も可能です。
立会い葬では、人間の火葬と同様立会いを行い、実際に飼い主の方たちが遺骨を拾う事ができます。

 

 

 

 

その他に、納骨棚・納骨堂等の施設があり遺骨を預かる。
人間と同じように専用の墓地があり、そこのお墓に納骨するもの。
共同の供養塔などに遺骨を納骨する。
これらのペット霊園を利用する場合には、施設の状況やサービスの内容などを確認しておく必要があります。
家族の一人として、ペットも人間と同じように生活することが当たり前になり、ペットが亡くなった場合の見送り方も変化し始めています。
飼い主の方が亡くなった後の事も考えて、永代供養とし供養にかかる費用を先払いしておいた方が良いかもしれません。
ペット霊園では人間の葬儀と同様に遺体を火葬したり、葬儀をしていきます。
ペット霊園の葬儀、火葬などの段階を踏んで、少しづつ飼っていたペットが亡くなったという現実に向き合えるようになります。
どのようなお別れ方でも、ペットの供養を行いお別れの儀式をする事ができますが、火葬と墓地への埋葬と言う形をとると、気持ちの整理が付き易いという方も多いようです。
また、他にも多くの人が同じような思いでペット霊園を利用していることもわかり、孤独な感覚も薄れる機会になります。
ペット霊園は通常、宗派を問わず利用できますし、また様々な段階で細かくサービスが選べるようになってきています。
最近のペット葬儀は、ある程度お金をかけて手厚く行うのが一般的となりつつあるようです。
ペット専門の葬儀会社やペット霊園などでいろいろなサービスが用意されていますから、飼い主とペットの生活スタイルを考えて、一番ふさわしい葬儀のやり方を選ぶと良いでしょう。
ペットとのお別れを行うのは、あくまでも飼い主の気持ちの問題で、墓地に埋葬して供養しなければならないという事は無く、遺骨を貰い部屋に保管する方法もあると思います。
また、遺骨を残す必要性も無く、合同葬で供養を行ってもらい、その後は写真などでペットへの気持ちを持ち続ける事が何よりも供養となると思います。
ペット墓地では、飼い主本人の気持ちの整理として大きな役割を果たすと思います。

ペット供養グッツ

納骨とは

納骨堂

 

納骨堂(のうこつどう)は、遺骨を保管しておく建物である。納骨殿、霊堂などとも呼ばれる。通常は寺院の敷地内に建てられている。
内部は遺骨を保管しておくロッカーが置かれ、上段に位牌を安置する仏壇がついているものもある。宗派によっては中央に本尊を安置する場合もある。
利用方法は遺骨を墓を建てるまでの間、一時的に保管する場合と、墓地に埋葬せず永久的に保管しておく場合とがあり、仏壇がある納骨壇は主に後者に用いられる。
寺院の内に設けられたものとは異なる、自治体により建立された納骨堂が存在する。設置される基準は自治体により様々であるが、一般的な特徴としては、歴史的に寺院を持たなかった貧しい集落に厚生事業として設置される例、いわゆる同和地区に同和対策事業として設置される例などが多く見られる。多くは仏教形式であるが、自治体によっては、神道形式のものを用意している例もある。

 

 

(WIKIPEDIAより抜粋)