ロシアンブルー

ロシアンブルー

 

ロシアンブルーはロシアが発祥の猫です。
銀色に輝く毛並みがとても美しく、どこか気品があるように思えます。
ロシアで生まれ、ロシアンブルーという呼び名になるまでは、色々な呼び名がありました。
「アルハンゲルキャット」と呼ばれている事もあり、ロシアのアルハンゲル島を起源とする呼び名でした。
そして、アルハンゲル島からイギリス人や北欧の人に連れられ、他の地に移ったという話があります。
そのため、その時々で呼び名が変わっています。
「フォーリンブルー」、「スパニッシュキャット」、「マルティーズキャット」、「マルティーズキャット」などの呼び名もあります。

 

ロシアンブルーは銀色の輝く毛並みと、神秘的なグリーンの目を持つ猫です。
その毛並みの美しさから「幸せを呼ぶ猫」とも呼ばれていたことがあります。
ロシアだけでなくイギリスにも持ち込まれ、イギリスの王室でも愛された事がある猫です。
実はロシアンブルーと呼ばれる種類の猫は、世界的に見てもその数は少なく、日本だけでなく世界各国でも珍種として大切に扱われています。
毛は短く抜け毛も少ない種類ですから、とても飼いやすく、日々のお手入れも少なくて済みます。
ロシアンブルーはとてもおとなしい性格を持っており、ほとんど鳴かない猫ですから、家庭でも飼いやすい猫です。
発情期は多少鳴くことがありますが、普段は大きな声で鳴く事がないのでマンションなどの集合住宅でも問題なく飼う事ができます。
おとなしいという面もありますが、繊細な面も持ち、構いすぎる人には向いていません。
しかし、ロシアンブルーは人間が好きで甘え上手な面も持っていますから、信頼関係が築ければ寄り添ってくる事もあります。
飼い主には良くなつきますが、知らない人に対しては警戒心が強いです。
ロシアンブルーは高いところに登る習性があり、人の肩に乗ってくる事も多いです。
爪を長くしていると、肩に登られた時にとても痛い思いをしますから、爪は短く切っておいた方が良いでしょう。
どちらかと言うと猫の種類の中では、活発で運動能力も高いので、室内では高いところに登れるようキャットタワーなどを設置してあげると良いでしょう。
とても毛並みが良く、気品があり、スリムで動きもとても優雅です。